ルワンダでの活動報告

2018.2.24〜27日までアフリカ・ルワンダで楽器寄贈活動を行ってきました。
寄贈先の学校は、ウムチョムイーザ学園。
この学園の代表は、なんと福島弁をしゃべるルワンダ人の永遠瑠マリールイズさん。
福島県に自宅もあり、日本で講演活動もしているそうです。
16年前から1棟づつ立ててきた教室はいま15棟となっています。
そして、ルワンダでは唯一の音楽室を持ち、5年前から音楽教育を始めた。
生徒数260名。
他校では2部制をとり、午前の部と午後の部で生徒を入れ替えている学校もあるとのことです。
子供の数が多く、限られた教室、限られた先生でやりくりしている状況だそうです。

ウムチョムイーザ学園


ウムチョムイーザ学園代表者たちと


音楽室


教室


子供たち