スリランカの小学校への楽器寄贈プロジェクト

1月4日~12日までにわたってスリランカの小学校への楽器寄贈活動行ってきました。
寄贈学校
ヒズウェラ小学校
ギリウラ小学校
ガタマネ小学校

<ヒズウェラ小学校>
コロンボから北東へ車で1.5時間ぐらいの農村にあり、児童数は1年から6年までで約170名。ケラニヤ大学の「日本語クラブ」が仲介者になり鍵盤ハーモニカ20台とリコーダー15本を寄贈しました。今あるマーチングバンドには鍵盤ハーモニカが4台だけなのでたいへん喜ばれました。
到着すると子どもちたちが校門前に整列し、音楽と花束で歓迎してくれました。

音楽と花束の歓迎


ヒズウェラ小学校、スリランカの踊り


覚書の交換

<ギリウラ小学校>
ギリウラ小学校は1年生から5年生まで約130名。マーチングバンドの演奏と子どもたちの笑顔が私たちを出迎えでくれました。

音楽隊の先導で贈呈式会場へ


会場に集まった子どもたち、先生方、地元の人たち


スリランカの民族舞踊


校長先生、スリランカ側責任者ダヤシリ氏、AIMEC理事綱島

<ガタマネ小学校>
南部地方ベリアッタの農村にあるガタマネ小学校には1年から5年までの児童約150名が通っています。音楽教育専任の先生がいないため、近くのインターナショナルスクールの先生が定期的に指導に来るそうです。今回寄贈した鍵盤ハーモニカ10台とリコーダー5本を基にしてマーチングバンドが作られ、1年後に再訪するときには音楽で出迎えてくれたら嬉しいと挨拶で述べました。

寄贈した鍵盤ハーモニカを代表の二人が先ず吹いてみます


子供たちの目が輝いてます!


次々と初めての挑戦をしていました。